11月 色々なやりとりがあって面白い!

早いもので2016年まであと1ヶ月ですね。新年を気持ちよく迎えることができるよう、いろいろ片付けないといけない時期ですね。ついこの間までハロウィンだったのに、もうクリスマスにお正月です。この1ヶ月もあっという間に過ぎてしまいそうですね~

最近ふと4月や5月の頃の子どもたちの姿を思い出すと、あっぷる・れいんぼー共に変わったな~と様々な場面が浮かんできました。あっぷるでは春から来てくれいる子どもたちは特に順番や簡単なルールのあるあそびが大人と一緒に出来るようになってきています。れいんぼーでは特に高学年の子どもが勉強への自信が、少しずつついてきているようでテストの点数など嬉しそうに報告してくています!今月はそんな大人や子ども同士でのやりとりの様子についての内容です。



☆あっぷる☆ 



今までのお買い物ごっこでは実物のお菓子を使っていました。“好きなお菓子を食べるためには買いに行かなければいけない”という買うための目的が子どもたちにもわかりやすいためです。お菓子でのお買い物あそびのやりとりもたくさん経験し、少しずつ子ども同士でのごっこあそびに繋げていけたらな~と思いお菓子ではなく偽物で取り組むようにしました。

品物はままごとあそびが好きな子どもが多かったのでおにぎりやにんじんなど食べ物系にし、買ったらままごとで遊べるようにままごとセットも用意して行いました。まずはいつも通り大人が売る役をすると、いつもとは違う品物に何を買おうか悩んでいる子どもたち。気になる品物を選んで買って、調理したり“これ買ったよ”と知らせにきて嬉しそうでした。大人や子ども同士で「かんぱーい」とジュース同士をコツンと当ててストローで飲む仕草をしたり、本物を食べているようにソフトクリームをペロペロして遊んでいましたよ!

しばらくすると買うだけでは物足りなさそうな子どもがチラホラ・・・店の中に入ってきて売っていた大人の真似をして「いらっしゃい!」と売り始めていました。その様子をみて他の子どもたちも真似をして、かわいい売り子さんでした。指差ししながら「○○ください」と伝えると上手にやりとりして売ることが出来ました!時々は欲しいものよりもグイグイと子どもたちのお勧めを押し売りされるときもあったり、お金がいらないタイムバーゲンなどもあり、子どもも大人も笑いありで楽しい経験ができました!


おすもうあそびも行いました。「はっけよーい、のこった」の合図でクッションやアンパンマンが描かれた箱を押して倒しました。子どもたちはあまりおすもうを知らないだろうな~と思っていましたが、倒すあそびは好きなようで思いっきり力をこめて倒し満足気な表情でした!優しく倒しそうな子どもが意外と力強く倒していて職員もびっくりでした(笑)大人が「どすこい」「のこった、のこった」と言いながら押しているのを真似て掛け声を言いながら楽しんでいる子どももいましたよ。箱を倒した後は、自分で元通りにしてくれいる姿も見られました。

曜日によっては子ども対お母さん・お父さんで戦ってもらい、自分より大きいお母さん・お父さんがドテッと倒れて嬉しそうな表情でした。たまにお母さん・お父さんも勝ち、自分が倒れて目を見開いて驚いている表情もみえました。また、ある曜日は職員対職員で“やって”と子どもからのリクエストに答えて戦い、子どもたちは「頑張って」と上手に応援してくれているものの、見られながらはとても恥ずかしかったです(笑)

☆れいんぼー☆


高学年の子どもがテストで高得点をとると、そのテスト用紙を持って報告に来てくれるようになりました!子どもによってはすごくいい点数なのにまだ満足しきれなくて“次こそは100点”と悔しがっていたり、ドヤ顔で(頑張ったから)ご褒美におやつをいつもよりバージョンアップしてと交渉にきたりと様々です。“次も頑張ろう”と自信に繋がって欲しいので職員もおやつのミルクせんべいを「いつもなら5枚だけど今日は10枚ね」とお祝いしています。そんな様子を見て他の高学年も「こないだ僕も90点とったし」と自慢大会も始まっていました。職員としてはとても嬉しい光景でした。高学年だけではなく低学年も刺激を受け、「(勉強頑張ったから)おやついっぱいちょうだい」と言う子どもが増えたように思います。テストの点数が高いことはもちろんいい事ですが、自分から頑張ろうと意欲的になれた子どもたちが素晴らしいですねー!