10月10日 金曜日 「めくり、めくられ…」

れいんぼーの子ども達は、学習後の余暇活動を自分で決めて過ごします。

その中で、お家からトランプや百人一首を持ってきて楽しむ子もいます。

最近、トランプや百人一首で遊んだことはありますか? これが結構盛り上がるんです☆

はじめは、Aくんと職員だけでやっていたのが、Bちゃんも「やる!」と輪に入り、トランプの“神経衰弱”がスタート♪

職員は一度めくった場所を忘れていることが多いのですが、子ども達はしっかり覚えているんです。

大人に勝つことが嬉しくて、何度も繰り返し楽しんでいました。

また、百人一首では“坊主めくり”を楽しんでいます。

これは運が頼りなので、“神経衰弱”でのリベンジも可能です(笑)。

坊主が出るたびに歓喜の声と落胆の声が部屋中に響き渡っています。

昔から今でも楽しまれている遊びには、自然とコミュニケーションがとれる要素が含まれているからこそ、長く愛されているのかもしれませんね。